韓国映画授賞式

2011年10月18日

韓国の映画祭授賞式で賞を取ったのは誰?

昨日17日午後にソウルで行われた

「제 48회 대종상 영화제 第48回大鐘賞映画祭」の
授賞式。(*゚▽゚*)

20111018080119479
(写真はmydailyからです。)

ここで「君はペット」、「ブラインド」などに出演された
キム・ハヌルさんがデビュー15年で初の主演女優賞を
手にし、‘いつもすばらしい作品に出会うことができるだけで
幸せだったが、このような賞をいただき感謝いたします‘と
感想を言いながら涙を流しました。

キム・ハヌルさんの授賞式のステージにチャン・グンソクさんが
花束を持ってサプライズで登場しました。
そこでチャン・グンソクさんは、‘大鐘賞映画祭に招かれざる
客ですが、ハヌルさんが主演女優賞候補に上がったというので、
花束を持って応援しにきました。‘と話しました。続いて‘キム・ハヌルさんと
一緒に出演した映画「君はペット」も期待してください‘と公開される映画の
宣伝も忘れずにしました。

20111018083530905
(左側が고지전(ゴジジョン)で、右側が「最終兵器弓」です)

最優秀作品賞には「고지전(ゴジジョン)」が獲得しました。고지전は
そのほかにも撮影賞、照明賞、企画賞などを受賞しました。
主演俳優賞には「パク・へイル」さんが受賞しました。パク・へイルさんが
主演した映画「最終兵器弓」では、新人女優賞、映像技術賞、音楽技術賞
などの4つの賞を受賞しました。

監督賞は映画「サニー」のガン・ヒョンチョル監督。
新人俳優賞は映画「파수꾼(パスクン)」のイ・ジェフンさん。
新人女優賞は映画「最終兵器弓」のムン・チェウォンさん。
新人監督賞は映画「파수꾼(パスクン)」のユン・ソンヒョン監督。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□
201110181012773299_1
(左がイ・ジェフンさんです。右側は映画「파수꾼パスクン」のポスターです。)


映画「파수꾼(パスクン)」のあらすじです。

一人の少年が死んだ。普段から息子に無関心だった父は、息子の
突然の空白に、非常に混乱し、罪悪感と無力さに、息子「ギテ(イ・ジェフン)」の
死を追いかけ始める。息子の机の引き出しの中、大切に保管されていた
写真の中にはドンユンとヒジュンがある。
しかし、学校を訪ねてようやくわかったことは、写真の中の一人の子が転校し、
一人が葬式にも来ていなかったこと、何かが変だ。

そんな中、ようやく見つけたヒジュンは「ギテ」と一番親しかったのは
ドンユンと話、詳しい回答はしなかった。結局、父の頼みでドンユンを
探し出たヒジュン。しかし、学校を退学して、離れてしまった友人はどこにもいない。

純粋だったあの頃、未熟なコミュニケーションの誤解が呼んだ悲劇的な
破局。独断的友情がもたらした暴力と、その傷の伝染は、私たちの痛み、
衝撃的な結末へと導いていく。お互いがすべてだったこれら3つの
友達の間で果たして何が起きたのか。

韓国語では파수꾼パスクンですが、英語だと「bleak night」で、日本語にすれば
暗い夜になるんですかね?日本で公開するときどんなタイトルに
なるんでしょう?

あ!この映画は日本でも公開予定だそうです。公開されたらみてみたいですね。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□



201110172212341003_1

昨日の授賞式には特別公演に少女時代、パク・ジョンヒョン、ソン・シギョン
さんがステージを盛り上げてくれました。




人気ランキングに参加してます。
よろしかったらワンクリックお願いします。(*´ェ`*)
いつも見てくださって、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ








人気ランキングに参加してます。
よろしかったらワンクリックお願いします。(*´ェ`*)
いつも見てくださって、ありがとうございます。


mainitiiyaringu at 11:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)