theboyspv

2011年10月19日

ついに公開された少女時代PVフールバージョン。

韓国最新芸能ニュース 少女時代新曲公開

19日にアルバム発表をしました。タイトル曲「The Boys」は
Itunesを通じて全世界に同時公開されました。('▽'*)ニパッ♪

111019_4e9e174ad429c
(写真はSMエンターテイメントからです。)

これに先立ち、17日ソウルSMエンターテイメント社で
記者会見が行われました。ファンに会う気持ち、デビュー4年2ヶ月間
活動して感じたこと、ライバルガールグループたちと競争構図に
ついての考えなどを述べました。(⌒-⌒)

Q:3ndは少女時代が世界市場に進出するアルバムですが、

A:新しいチャレンジです。4年間活動しながらアジアだけでなく、世界各
地域で愛されたので、今回のワールドワイドリリースでは、大きな結果を
期待するよりも、今まで応援してくださったファンに直接お伺いすることは
できませんが、アルバムで少しでもお返ししたい意味が込められている。

Q:新しいアルバムで一番気をつかった部分は何ですか?

A:ジャンル一つに限らず、様々な姿を見せようとした。フックソングではなく、
構成と流れが良い歌を収録した。ダンス曲は、既存のフックソングと
いうよりは少女時代メンバーたちのボーカルが強調された。また、少女時代が
今まで見せたかわいい歌もあるが、強いスタイルを表現した。エレクトロニック、
ディスコなどのジャンルもあって「足踏み」のような歌は、1980年代の
ポップバラード感じだ。

Q:今までユ・ヨンジン、ケンジ、ライトライブなど国内作曲家と仕事をしましたが、
今回はアメリカの有名作曲家テディライリーと会いました。作業はどうでした。

A:雰囲気を楽に誘導してくれた。メンバーたちに合わせてくれた。各自の色を
生かせるようお願いした。褒めてくれたり楽な雰囲気のために歌とダンスを見せてくれた。

Q:アメリカ市場進出についての計画は?

A:シングルが発売されるものであり、まだ具体的なプロモーション計画はない。
アメリカ市場進出は当然期待しますが、チャレンジできるだけでも大きな
意味で、光栄です。事実、アメリカ進出というよりファンのためにワールドアイドリリース
方式を選んだのだ。

Q:「The Boys」は既存の少女時代が見せた歌とは違うが、
ポップ的で、強い感じだが、

A:今までの少女時代の歌でラップはなかったが、初めて披露した。
音楽的に冒険だが、私たちも変化することが好きだし、ファンも変身した
姿を望んでいるようだ。ティーザー映像をみて‘ダンスが過激だ。‘という
評価もあるが、どうしても強いビートにあわしたのでそんな評が出たようだ。
私たちが歌を聞いて考えていた、振り付けより過激では方だ。今までが
明るく少女のようなイメージだったら、今回は振り付けを通じて成長した
かっこいい少女として帰ってきた姿を見せられそうです。

Q:昨年日本進出で一番嬉しかったことは?

A:日本でアレーナツアーをしたことです。ステージで楽しむ方法、
ファンと楽しむ方もしっかりと学んだ。アレーナツアーをする3ヶ月間
メンバーと一緒にいて話す時間もいっぱいあって、もう一度チームワークを
固めるきっかけとなった。まるで修学旅行に来た気分でした。
一緒に温泉もして、相次いで公演しながら着実に健康管理する方法も
身に着けました。

Q:これからしたいこと。

A:過ぎた4年より、もっと長続きできるよう努力する。また、機会が来るならば、
日本東京ドームで単独コンサートをしたいです。南米も行きたいし、ワールドツアーも
したい。今までよりこれからがもっと楽しそうです。


こちらが公開された少女時代の「The Boys」の韓国版PVです。


あと、こちらは「The Boys」の英語版です。



こちらは少女時代の「The Boys」が収録された
アルバムです。ご購入をしたい方は
こちらからご購入できます。




人気ランキングに参加してます。
よろしかったらワンクリックお願いします。(*´ェ`*)
いつも見てくださって、ありがとうございます。
人気ブログランキングへ






人気ランキングに参加してます。
よろしかったらワンクリックお願いします。(*´ェ`*)
いつも見てくださって、ありがとうございます。


mainitiiyaringu at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)